トップ

黄砂と敏感肌の関係

黄砂が原因で敏感肌に

黄砂が原因で敏感肌になる

4月~8月の時期に花粉症の症状に悩まされ、肌も一段と荒れてしまうという方。もしかすると、それは花粉が原因ではなく、黄砂が原因かもしれません。黄砂とは東アジアのゴビ砂漠やタクラマカン砂漠で数千メートルの高さに巻き上げられた砂が偏西風に乗って中国・韓国・日本までやってくるというものです。黄砂は一年中飛んでいるのですが、4月~8月の時期は強い偏西風がふくために飛散量がピークになります。

黄砂は砂漠から巻き上げられた後、大気汚染が進んだ中国の工業地帯の上を飛んできます。そのため、ホコリやチリ以外にもたくさんの化学物質を表面にくっつけてやってきます。そのような物質が口や鼻から体内に入ったり、肌に触れるたりすると、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの花粉症のような症状が出たり、肌が痛め、荒れやすくなったりします。敏感肌を改善したいならこちらのサイトがおすすめです。

黄砂によって肌が痛み、荒れてしまう原因に、黄砂に含まれるアレルギーの原因となる物質があります。「排気ガス粒子」と呼ばれるこのアレルギー物質はPM2.5にも含まれている物質です。この粒子が肌にくっつくことで肌荒れが生じます。

また、黄砂には「硫黄イオン」も付着しています。硫黄イオンは黄砂と結びつくことで石こう化してしまうため、肌に付着すると毛穴の詰まりの原因となって、肌が荒れてしまうのです。

敏感肌の原因は花粉やダニ、ホコリ以外にも、意外なところからやってきます。春先の体の不調や肌荒れも、もしかすると黄砂の影響かもしれません。黄砂は花粉よりも粒子が細かいため、対策の仕方も花粉対策と少し違ってきます。花粉対策をしても症状が改善しない時は黄砂対策も併せて行うようにしましょう。

Copyright © 黄砂が原因で敏感肌に. All rights reserved.